手に職なら司法書士!資格の概要

街の法律家として存在感を高める司法書士

司法書士の仕事の中心は、法律行為を行うための書類作成を代行する仕事です。行政書士は届け出に関する書類を中心にしていますが、司法書士は不動産の権利移転や会社を新設する際の登記を中心にしています。これらの仕事の他に、成年後見人や相続財産の管理を行うことができます。また、所定の研修を受け、法務大臣の認定を受けることで簡易裁判所で訴額140万円以下に限定した訴訟代理業務を行うことができます。過払い金請求を代理で行い、訴訟にも対応できるのは訴訟代理業務の一例で、これまでは弁護士にしかできなかった訴訟の代理ができることは、司法書士の存在感を高めました。あくまで代書や手続きの代行を主な仕事にしていた司法書士が街の法律家と呼ばれるようになったのです。

試験は司法試験に次ぐ難関

試験の難易度は非常に高く、出題される法律の範囲だけで言えば司法試験よりも広いと言われています。社会人の方でも取得する人はいますが、独学で学習を行うことは現実的ではなく、初学者の場合は2~3年ほど学習に専念できる環境を作るべきです。そのため試験合格者の多くは法学部に在籍し、学生の段階から学習を続け、在学中、もしくは卒業後数年以内に試験に合格するケースが多いのが実状です。
試験合格後は司法書士事務所に入って実務を学び、不動産関係者などの顧客を獲得できれば独立開業も可能です。収入については稼ぐ人と稼げない人の差は非常に大きいですが、平均すると700万円前後と言われています。数千万稼ぐ人と数百万しか稼げない人が混在する形になりますが…。収入の面だけでなく、社会への貢献が大きい仕事としても大きな意義があります。